横山法律事務所,信用情報回復,時効援用,ブラックリストでお困りの方は必見,債務整理で失った信用情報を取り戻します!,フリーダイヤル0120-4545-17
Webでお問い合わせ
信用情報とは?,クレジットカードなどのお金の取引をする時に必要な「信用」を客観的に判断する情報です。

主に信用情報機関によって管理され、クレジットカード・ローンなどの契約内容・借入状況・返済履歴などを挿します。

現金以外での支払い延滞と言った事故情報が登録されてしまうと信用がないと判断されてしまい、世間では「ブラックリストに載る」とも呼ばれます。

信用情報に問題があると、通販のカード払い、携帯電話の契約、ETCカードを使う、クレジットカードを使う、各種ローンを組む、といったことができなくなります。POINT: 信用情報回復は誰がやっても同じではありません。独自のノウハウが必要な作業です。

自分の信用情報は下記の信用情報機関への開示請求を行うことで調べることができます。

情報整理やクレジットカードの延滞などの失った信頼が回復するまでにかかる期間はそれぞれ異なります。

債務整理を行った場合、クレジットカードや電話料金を延滞してしまった場合の時効の表
5年はかかると言われる信用情報回復。実際に1ヶ月以内に回復したケースが多々あります!
CASE1: 破産して5年以上経過したのにどうして事故情報が消えないんだろう?,CASE2: 借金を完済して5年以上経過しましたが住宅ローンが組めません。
信用情報は回復することができます!住宅ローン、マイカーローンなど審査が通らない方は一度ご相談ください。
Q. 信用情報への影響はあるの?, A. 事故情報が登録されることはありませんのでご安心ください!

借金はなくなり完済扱いとなりますが、延滞情報は必ずしも消してもらえるわけではありません。

「貸倒(かしだおれ)」という情報が登録され、その後5年間掲載され続けることがあります。

そのため、時効援用をしてもすぐにクレジットカードを利用できるようにはならず、その後5年間は審査に通らないことが多いのです。

時効援用で延滞状態の早期解消を!,当事務所では、すべての延滞情報が早期に解決されるようサポートいたします。
横山晃崇
弁護士 横山ヨコヤマ晃崇テルタカ
1970年生まれ
1997年4月東京大学法学部卒業
弁護士登録年度2005年
所属弁護士会第一東京弁護士会
趣味読書・釣り
Webでお問い合わせ